入院

入院

ホーム  >  入院  >  病棟の紹介[回復期リハビリテーション病棟]

病棟の紹介

  • 一般病棟
  • 結核病棟
  • 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

門司地区で唯一の「回復期リハビリテーション病棟」。

現在、全国的にニーズが高まりつつあるこの病棟は、集中的なリハビリテーションによって機能回復が最も期待できる“回復期”をサポートするための病棟です。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士、医療ソーシャルワーカーなど、回復期の患者様が1日でも早く、自宅や社会での生活に戻れるよう、医療専門チームを組んで対応いたします。

心がけているのは“地域に根差したリハビリ”。患者の皆様が住み慣れた地域でリハビリテーションを受け、退院後も地域に根差した生活ができるよう、積極的なサポートを心がけています。

時には退院後の散歩コースを提案したり、患者様の自宅の改築にも意見・アドバイスを加えてみたりと、様々な場面でのリハビリテーションをご提案しています。

図

対象疾患

「回復期リハビリテーション病棟」では、対象疾患が決まっています。

対象疾患、状態の一例

・脳血管疾患 ・脊髄損傷 ・頭部外傷 ・くも膜下出血のシャント手術後
・脳腫瘍 ・脳炎 ・急性脳症 ・大腿骨/骨盤/脊椎などの骨折の発症後または手術後の状態
・外科手術または肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態
・大腿骨/骨盤/脊椎/膝関節または股関節の神経/筋または靱帯損傷後の状態 など


入院期間

「回復期リハビリテーション病棟」では、入院期間が決まっています。

入院期間の一例

・脳血管疾患 ・脊髄損傷 ・頭部外傷 ・くも膜下出血のシャント手術後 ・脳腫瘍 ・脳炎 ・急性脳症などの発症後または手術後の状態 150日以内(※)
(一部180日以内)
・大腿骨/骨盤/脊椎などの骨折の発症後または手術後の状態 90日以内(※)
・外科手術または肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 90日以内(※)
・大腿骨/骨盤/脊椎/股関節または膝関節の神経/筋または靱帯損傷後の状態 60日以内(※)

(※)すべて病棟入院料の算定が開始された日から起算した日数です。

お問い合わせ

その他の疾患、状態、または詳しい入院期間については下記の地域医療連携室までお問い合わせください。


相談日時 土曜・日曜・祝祭日・年末年始を除く
電話相談 8:30〜17:15
来院相談 8:30〜17:15
電話番号 093-381-3588

このページの先頭へ