外来

外来

ホーム  >  外来  >  検査

検査

放射線撮影室について

【主な医療機器】

X線診断機器
全身用X線コンピュータ断層撮影装置(CT)
デジタルX線テレビ装置(DR撮影)
診断用X線撮影装置(CR撮影)
多軌道X線断層撮影装置(CR撮影)
デジタルX線画像処理システム(CR)

【X線撮影室の紹介】

X線撮影室1
多軌道X線断層撮影装置(CR撮影)
主に内科、外科等の単純X線デジタル撮影。

X線撮影室2
診断用X線撮影装置(CR撮影)
主に内科、外科、小児科、整形外科等の頭部、胸部、腹部、脊椎、四肢の単純X線デジタル撮影。

X線撮影室3
直線軌道X線断層撮影装置(CR撮影)
主に呼吸器科単純X線デジタル撮影。
呼吸器科の胸部の直線軌道断層X線デジタル撮影。

X線CT室
全身用X線コンピュータ断層撮影装置(CT)
すべての診察科の頭部、胸部、腹部、四肢の全身用X線コンピュータ断層デジタル撮影。

X線透視室
デジタルX線テレビ装置(DR撮影)
すべての診察科の頭部、胸部、腹部、四肢の全身用X線テレビ透視デジタル撮影。

デジタルX線画像フィルム処理(現像)システム(CR)
平成14年9月の新外来棟建替えより、放射線科のX線フィルムは全て処理液を使用しない廃液も出さない、人と地球環境にやさしい処理システムで画像処理(現像)をしています。 各X線撮影室のCR撮影、CT撮影、DR撮影したデジタルX線画像はコンピュータでデジタル保管する事が可能です。(※総合ネットワーク・システムは計画中です)

臨床検査について

当院では血液検査などの検体検査、心電図などの生体検査も行っております。

このページの先頭へ