採用情報

採用情報

ホーム  >  採用情報  >  代表者メッセージ

代表者メッセージ

今は変化できるチャンスの時。院長 廣瀬 宣之

2009年4月に指定管理者制度を導入。それ以来、民営になったといえども、事業内容は自治体病院の頃と大きくは変わらず、今まで以上に地域医療への貢献を第一においた病院づくりを目指しています。
とくに求めているのは“和”を大切にする人。地域、患者様との和はもちろんですが、職員間の和も重んじて行動するスタッフを求めます。現在、当院には様々な医療現場で勤務してきた医療従事者が集っており、技術面や職場環境の面でも支えあっているのも特徴といえるでしょう。私たちにとって、2009年の指定管理者制度の導入は、新たな考えを取入れられるよいチャンスと考えます。
創立60周年という節目に転機を迎えた門司病院は、現在、新しい病院をつくり出そうという機運に満ちたスタッフであふれています。関門海峡を望むこの病院で、より地域に根差した医療を目指し、ともに仕事をしていきましょう。

やさしく、思いやりのある看護を目指して。看護部長 出原 陽子

地域の皆様に選ばれる病院をめざして
北九州市立門司病院は、患者さまが生活する場である「地域」としっかりとつながった、患者さま中心の病院つくりを進めています。
診療科や多職種が互いに連携して医療チームを構成することで、患者さま一人ひとりの症状に応じた最適な医療を提供できるように努めています。
【「和」を大切にする】という病院方針に沿い、明るく前向きな職場の雰囲気があり、職員はやる気を持続させ、お互いを尊重し心の支えになっています。
看護部では「やさしく思いやりのある看護サービス」を目指しています。
看護は、患者さまの状況に合わせて統合して、倫理的で効果的なケアを実践することが大切です。この役割を果たしていくために、看護実践能力を向上し、きめ細やかな心温まる看護サービスが提供できる人材育成に取り組んでいます。
患者様のニーズを的確に把握するとともに、さらに、看護職員がいきいきとした職場環境つくりや、やりがい支援に力を注いでいます。
患者様に心から満足して頂ける看護を本気で考え、相手を思いやり、誠実で優しい看護の提供ができる人材を求めています。
地域の皆様に選ばれる病院をめざして共に成長していきましょう。
   
※充実した研修内容
厚生労働省作成の新人看護研修ガイドラインに沿って実施。
中途採用者は、病院概要・基本方針・目標・看護倫理・医療安全・感染・記録・技術面等の研修あり。

このページの先頭へ